2017年09月09日

絶芸指導Bと対戦して

野狐囲碁で九段に昇段すると、絶芸指導Bと絶芸指導Cと置き碁で対局できます。
絶芸指導Bと3子局で対戦した感想は、序盤はそこまで強さを感じませんでした。
ただ、隙を見せると一瞬で咎めてくるので、優勢を確保し続ける訓練になりそうです。
これからは野狐囲碁の九段アカウントは絶芸対戦用に保持して東洋で対人戦しますかね。
(今日の生放送のタイムシフトはこちら
posted by okao at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

棋力向上の詰碁91

囲碁2600.jpeg
【黒先黒生:中級~上級者】
今回の出題はある手筋を知っていると、すんなり答えが見えてくるかもしれません。
ヒントは石を取り返す手段を見つけることです。
続きを読む
posted by okao at 23:59| Comment(0) | 詰碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

第22回三星火災杯世界囲碁マスターズ大会、32強戦3回戦

本日、第22回三星火災杯世界囲碁マスターズ大会の32強戦2回戦が行われました。
小松英樹九段は敗れたものの、井山裕太九段と山下敬吾九段は勝利し、16強戦に駒を進めた。
本棋戦で日本棋士が16強に残ったのは3年ぶりで、更なる飛躍に期待が膨らみます。
以下に組み合わせと結果をまとめました。(左側が勝者)

【A組】井山裕太九段―范蘊若六段
【B組】柁嘉熹九段―申旻埈六段
【C組】童夢成六段―朴進率八段
【D組】安成浚七段―薛冠華二段
【E組】山下敬吾九段―陳梓健四段
【F組】陳耀燁九段―小松英樹九段
【G組】朴永訓九段―卞相壹六段
【H組】辜梓豪五段―李東勲八段


日本棋士の16強戦は、井山裕太九段vs申眞諝八段、山下敬吾九段vs童夢成六段です。
どちらも世界戦で名前をよく見る棋士で厳しい戦いになることが予想されます。
16強戦と8強戦は9月25、26日に行われる予定だ。
さて、対局を振り返っていきます。

囲碁2590.jpeg
【山下敬吾九段(黒)―陳梓健四段】
黒1のツケは右辺の白一団にモタレつつ、下辺一帯の黒陣をまとめる狙いです。
白Aなどと緩めるのは黒Bで効果的に下辺が固まるため、白は強く反発する必要があります。
ただし、下辺には黒が控えているので、中央での戦いは黒歓迎です。
続きを読む
posted by okao at 23:59| Comment(0) | 棋戦情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

第22回三星火災杯世界囲碁マスターズ大会、32強戦2回戦

本日、第22回三星火災杯世界囲碁マスターズ大会の32強戦2回戦が行われました。
以下に組み合わせと結果をまとめました。(左側が勝者)

【A組】宋泰坤九段―范蘊若六段、井山裕太九段―Mateusz.S初段
【B組】柯潔九段―申旻埈六段、柁嘉熹九段―韓態熙六段
【C組】唐韋星九段―童夢成六段、朴進率八段―徐奉洙九段
【D組】申眞諝八段―安成浚七段、薛冠華二段―黒嘉嘉七段
【E組】李世乭九段―山下敬吾九段、陳梓健四段―李赫五段
【F組】安国鉉八段―小松英樹九段、陳耀燁九段―金彩瑛三段
【G組】趙晨宇四段―朴永訓九段、卞相壹六段―楊鼎新五段
【H組】朴廷桓九段―李東勲八段、辜梓豪五段―李維清四段


日本勢はそれぞれ1勝1敗となり、明日行われる3回戦に勝てば16強に駒を進められます。
世界に日本の存在感を示すためにも、勝ち残ってほしいところですね。
さて、対局を振り返っていきます。

囲碁2585.jpeg
【李東勲八段(黒)vs朴廷桓九段】
黒1と手堅く構えて、左下の白の厚みが活きにくい碁形を目指しています。
左辺の価値が低くなっているので、白2から4と下辺に厚く打つのが好判断です。
黒の意図を崩しながら、黒に価値の低い左辺を打たせる碁形に誘導しています。
続きを読む
posted by okao at 23:59| Comment(0) | 棋戦情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

第22回三星火災杯世界囲碁マスターズ大会、32強戦1回戦

本日、第22回三星火災杯世界囲碁マスターズ大会の本戦が開幕しました。
32強戦は4人1組に分かれ、2勝した者が枠抜けするダブルエリミネーション方式です。
日本からは井山裕太九段、山下敬吾九段、小松英樹九段が出場しました。
以下に組み合わせと結果をまとめました。(左側が勝者)

【A組】范蘊若六段―井山裕太九段、宋泰坤九段―Mateusz.S初段
【B組】柯潔九段―韓態熙六段、申旻埈六段―柁嘉熹九段
【C組】童夢成六段―朴進率八段、唐韋星九段―徐奉洙九段
【D組】申眞諝八段―薛冠華二段、安成浚七段―黒嘉嘉七段
【E組】李世乭九段―陳梓健四段、山下敬吾九段―李赫五段
【F組】安国鉉八段―陳耀燁九段、小松英樹九段―金彩瑛三段
【G組】朴永訓九段―楊鼎新五段、趙晨宇四段―卞相壹六段
【H組】李東勲八段―李維清四段、朴廷桓九段―辜梓豪五段


山下九段と小松九段が勝利し、枠抜けに王手をかけました。
井山九段は緒戦こそ落としたものの、残り2戦を勝てば16強に残れるので頑張ってほしい。
また、対局中に徐奉洙九段が唐韋星九段の頻発する扇子の音に不快感を覚え、審判に抗議した。
結果として、棋士全員の扇子を回収する処置が取られたようだ。
さて、対局を振り返っていきます。

囲碁2572.jpeg
【山下敬吾九段(黒)vs李赫五段】
黒1、3はサバキを求める常套手段。
白の勢力圏で簡単に収まられないよう、白4から6と応戦しますが黒7が面白い手でした。
Aの切りを遠目で見られているので、白は強く反発できないようです。
続きを読む
posted by okao at 23:53| Comment(0) | 棋戦情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

囲碁AI「GoTrend」がネット対局「幽玄の間」に導入

トレンドマイクロ株式会社の囲碁AI・GoTrendが幽玄の間に導入されました。
各棋力に合わせたものを作成し、棋力向上に役立ててもらうのが主な目的のようです。
現在は「GoTrend001」が幽玄の間で6段として打っていますが、実力は7段以上でしょう。
死活の弱さはありますが、レベル別に作るために意図的に弱くしている気がします。

今回の取り込みは、将来的に棋力認定の活用に期待できます。
いずれ囲碁AIの判断が世界的な棋力基準となる時代がくるかもしれません。
ただ、人間の価値を機械に評価されるのはなんだか怖い感じもしますね。
posted by okao at 23:59| Comment(0) | コンピューター囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

棋力向上の詰碁90

囲碁2568.jpeg
【黒先白死:上級~有段者】
ひと目見ただけで初手を決めてしまいそうですが、早計は禁物です。
勝手読みがないよう、丁寧に読み切ってください。
続きを読む
posted by okao at 22:31| Comment(0) | 詰碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

今後の方針

今後の方針として、以下のことを行う予定です。
・ブログの移転(広告が若干生じてしまうため)
・動画作成(囲碁AI関連のものを一つ)
・生放送の画質向上など(こちらは先送りするかも)

9月中旬に大きな仕事があるので忙しくなりそうですが、
いずれか一つはクリアできるよう、善処していく次第です。
posted by okao at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

棋力向上の詰碁89

囲碁2562.jpeg
【黒先黒生:上級~有段者】
懐の狭い形に見えますが、隅はしぶといものです。
最後まで諦めずに読めば、活路が見えてくるかもしれません。
続きを読む
posted by okao at 23:59| Comment(0) | 詰碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

HEROZが「囲碁ウォーズ」のリリースを発表!

HEROZが囲碁対戦アプリ「囲碁ウォーズ」のリリースを発表しました。(こちらを参照)
今までの囲碁アプリと異なる点は、囲碁AIの助けを受けられる「棋神降臨」機能があること。
難しい局面や手に迷った際に活用すれば、局面を打開する切欠が掴めるかもしれません。
※いつ頃、アプリがダウンロードできるようになるかは明記されてないです。

棋神の実力は、正直かなり強いと思います。
第42期名人戦第一局の勝率、候補手を見る限り、序盤中盤はほぼ正確に評価できている模様。
中盤に入る頃にはDeepZenGoと同じ判断をしている箇所もあるそうで、相当期待できそうだ。
ただ、囲碁AI全般に言える事だが、細かい碁では正しい評価を下さないことがあります。
(名人戦の模様はこちらの記事を参照)

posted by okao at 23:59| Comment(0) | コンピューター囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

棋力向上の詰碁88

囲碁2558.jpeg
【黒先コウ:上級~有段者】
今回は実戦でよく現れやすい形から出題です。
基本死活の一つでもあるので、攻め方を覚えておいた方が良いでしょう。
続きを読む
posted by okao at 23:57| Comment(0) | 詰碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

ミニ中国流の打ち方(10)

今回で従来のミニ中国流の打ち方を一通り説明できた形となります。
次回以降は囲碁AI・DeepZenGoの打ち筋を中心に進化するミニ中国流を紹介します。
(今回までの内容はこちらの動画でも触れているので参照ください)

囲碁2551.jpeg
【黒の積極策:白の巧みなシノギ】
白2、4と下辺の黒陣を消すのは常套手段。
黒5は白にプレッシャーをかけながら下辺一帯を黒地にする狙いです。
しかし、下辺を割る有力な手段があり、人間界では白悪くないと言われています。
続きを読む
posted by okao at 22:48| Comment(0) | ミニ中国流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

休暇日

お仕事が大詰めに差し掛かったので、2~3日は軽めの記事になる模様。
今後書いていこうかなと思っている記事は「ミニ中国流」の記事ですね。
なるべく続けていこうかなと思っているため、時々休暇日を設けていきます。
posted by okao at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

棋力向上の詰碁87

囲碁2548.jpeg
【黒先白死:中級~上級者】
白のスペースは広く見えますが、腹中の黒一子を活かすと白の牙城を崩せます。
配石に注目すると、答えが見えてくるかもしれません。
続きを読む
posted by okao at 23:08| Comment(0) | 詰碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

第3回夢百合杯世界囲碁オープン戦8強戦

本日、第3回夢百合杯世界囲碁オープン戦の8強戦が行われました。
組み合わせは以下のようになりました。(左側が勝者)
謝科三段―廖元赫五段、白半目勝ち
李軒豪七段―黃昕四段、黒中押し勝ち
朴永訓九段―范蘊若六段、白中押し勝ち
朴廷桓九段―陳梓健五段、黒中押し勝ち


準決勝三番勝負は李軒豪七段vs朴永訓九段、謝科三段vs朴廷桓九段と中韓対決になりました。
最近、世界戦は中国の独壇場となっているので韓国としては風穴を空けたい気持ちが強いはず。
準決勝は11月17、19、20の三日間、中国貴州で行われる予定です。
さて、対局を振り返っていきます。

囲碁2540.jpeg
【朴廷桓九段(黒)vs陳梓健五段】
僅かに白良しの形勢だったが、白1に黒2のワリ込みが鋭い手筋で逆転します。
一手のミスで大きな差が生じてしまうのが、中終盤の怖さの一つです。
続きを読む
posted by okao at 23:49| Comment(0) | 棋戦情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする