2017年05月15日

棋力向上の詰碁55

囲碁1905.jpeg
【黒先コウ:上級~有段者】
白は生きているように見えますが、隅の特殊性を活用すると突破口が見えてきます。
実戦でも生じる可能性がある形なので、攻め方を覚えておくと良いかもしれません。

囲碁1906.jpeg
【正解図:隅の特殊性を活用】
黒1のホウリ込みが白陣を攻略する突破口です。
白は無条件で生きる術がありません。

囲碁1907.jpeg
白2の抜きに黒3と外からアテるのが決め手。
続いて、白Aに黒Bでコウとなり、黒成功です。

囲碁1908.jpeg
【失敗図:中手狙いは不発】
黒1と中手を狙うのは黒失敗。
白2、4と懐を広げられて、黒の攻めが繋がりません。

囲碁1909.jpeg
黒5と狭めながら黒7と白の眼形を崩しても、白8でセキになります。
スペースが狭いようですが、中手を狙える石ではありません。

「編集後記」
最近、いろいろな事が立て続けに入ってきて落ち着いて打てません。
今日も優勢の碁でしたが、横槍が入り簡単に瓦解してしまいました。
やはり、ある程度ゆとりある時に打たないとダメですね。
posted by okao at 23:15
"棋力向上の詰碁55"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。