2017年05月06日

棋力向上の詰碁52

囲碁1863.jpeg
【黒先白死:中級~上級者】
有名な基本死活から出題です。
簡単に思えるかもしれませんが、実戦では中々仕留め切れないものです。

囲碁1864.jpeg
【正解図:シボリの手筋】
黒1のハサミツケが急所。
白2と連絡を断ってきても、黒3の切りが好手で白に脈はありません。

囲碁1865.jpeg
白4には黒5、7のシボリで白死です。
続いて、白Aとツグのは黒Bと眼を奪います。

囲碁1866.jpeg
【失敗図:予想外の粘り】
単に黒1と狭めるのは、白2の粘りがあり無条件で取ることができません。
続いて、黒Aに白B、黒Cとコウに持ち込むので精一杯。

「編集後記」
野狐囲碁で囲碁AIが積極的に打っていますね。
見ていると、非常に柔軟で要所を次々に占めていく印象を受けます。
人間の碁はまだまだ小手先で戦っているだけかもしれません。
posted by okao at 23:57
"棋力向上の詰碁52"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。