2017年03月17日

「囲碁AI新時代」の感想


囲碁AI新時代 (囲碁人ブックス)


碁の内容を加味しながら囲碁AIの特徴や歴史を説明する本は、日本では初めてだと思います。
ただし、本書を購入する上で気をつけてほしい点がいくつかあります。
・棋譜の詳細解説が紹介されている訳ではない
・DeepLearningの仕組みが詳しくは載っていない
・読み物に近い作りになっている


これだけ見るとなんだか期待外れと思われる方もいると思いますが、
囲碁AIに関する専門用語などを知らなくても、概要が掴めるのが本書の特徴です。
大まかな打ち筋の特徴が掴める他、モンテカルロ法などを丁寧に解説されているため、
どのように囲碁AIが手を決め、手の評価をするのか理解できます。
最近注目されている囲碁AIに興味ある方はぜひ手に取ってみてください。
posted by okao at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍の論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

詰碁本のオススメ

今回は私はオススメする詰碁本をまとめました。
問題集を選びたいけど何が良いのかわからない、やる気が出る程度の難しい問題がほしいなど、
本選びに迷ってる方はぜひ参考にしてみてください!


【〇段合格シリーズ:上級者~高段者】
日本棋院から出版されたこのシリーズは以下の三つの魅力があると思います。
1つ、棋力に合わせて手筋、死活、定石の分野を選択できること。
2つ、実戦に繋がりやすい基本的な形を多く紹介されていること。
3つ、比較的シンプルな形なので解く意欲が湧くこと。

私も詰碁本をいくつも見てきましたが、繰り返し解くのにここまで最適な本はないと思います。
手筋の問題で正解は二つ以上ある気がする・・・というものもありますが、
相当ひねくれた目線から見ない限り、あまり失題はないと思います。
また、文庫サイズなので持ち運びしやすいという点も良いですね。

続きを読む
posted by okao at 01:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍の論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする