2016年12月06日

小林流阻止の布石対策(3)

前回は簡明に黒の打ちやすい展開にできましたが、今回は少し厄介な進行になります。
難しい変化も多少出てきますが、頭の片隅に置いておく程度に留めておくと役立つかもしれません。

囲碁837.jpeg
【テーマ図:ツケ押さえの抵抗】
黒1に白2、4と応じられるのが厄介な打ち方です。
黒に傷が多いので、まずは手厚く打って形を整えることを優先します。
地を稼がれると焦るかもしれませんが、慌てず力を貯めることが大切です。
続きを読む
posted by okao at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

小林流阻止の布石対策(2)

今回紹介するのは実戦でよく現れる変化です。
高度な考え方も必要になるため、気づいたら出遅れてしまうこともあります。
一つの記事だけでは解説仕切れないので、数回に分けて行こうかと思います。

囲碁826.jpeg
【テーマ図:手抜きの手法】
黒1に白2とカカリ返すのは、棋力の高い方がよく用いる手法です。
積極的に局面を動かして、システム化された布石の筋道を外す意図があります。
相手が狙っている展開をある程度想定できないと、あっと言う間に優勢を奪われます。
続きを読む
posted by okao at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

小林流阻止の布石対策(1)

小林流は有名な布石の一つなので、阻止されることが多く困っているという声をよく聞きます。
そこで、今回から数回に分けて対策案と基本的な考え方を解説していきます。

囲碁818.jpeg
【テーマ図:ハサミの対策】
小林流を好んで打つ方は黒1に白2とハサまれた経験があると思います。
先の見通しが立たず、実戦で困ってしまった方も少なくないでしょう。
今回は簡明で地に辛い変化を中心に紹介していきます。
続きを読む
posted by okao at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

小林流に基本(最終回)

最終回は白番の打ち方を紹介していきます。
黒が良くなる変化が多いので、ある程度の対処法を知っておくことが大切です。

囲碁200.jpeg
【白の対策案(1)】
小林流の基本(3)で紹介した策の対処法の一つです。
黒2に押さえるとハマってしまうので、白3とかわすのが正しい選択です。
続きを読む
posted by okao at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 小林流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

小林流の基本(6)

前回に続き、白のカカリに対する対応を紹介していきます。
実戦頻出形なのでどう打つべきか把握してきましょう。

囲碁193.jpeg
黒1のコスミに白2と大きく構えた時の変化を紹介します。
実戦ではこの構えになることが多いので、
どこを押さえるべきか把握することが大切です。
続きを読む
posted by okao at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 小林流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

小林流の基本(5)

今回紹介する変化は実戦で頻出するカカリ方です。
それゆえに難解な変化も多く、全てを紹介し始めるとキリがありません。
基本編ということで簡明な策を中心に紹介していきます。

囲碁181.jpeg
白1が実戦でよく打たれるカカリ方です。
黒は様々な応じ方がありますが、その中でもわかりやすい進行を紹介します。
難しい変化もありますが、簡明策でも十分打てます。

続きを読む
posted by okao at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

小林流の基本(4)

今回は。小林流の基本(3)の続きとなります。
白の二間高ガカリもちょっと複雑な変化があるので注意が必要です。
いきなり一手一手の意味を理解するのは難しいので、なんとなく把握するだけでも良いと思います。

囲碁160.jpeg
黒1とツケた瞬間、白2から4と仕掛けてくる変化球があります。
白は何をしたいか分かりづらいですが、丁寧に対応しないと相手にポイントを上げられます。
白の意図を説明しながら、黒がどうしなければならないか解説していきます。
続きを読む
posted by okao at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 小林流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

小林流の基本(3)

前回で白の一間高ガカリの基本的な対策を紹介しました。
今日からは別のカカリ方をされた場合の変化を解説します。

囲碁141.jpeg
白1の二間高ガカリは実戦でよく用いられるので、
基本的な対応を把握することは非常に大切です。
過激な手もありますが、ここでは簡明な黒2を推奨します。
続きを読む
posted by okao at 22:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 小林流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

小林流の基本(2)

2回目は一間高ガカリの別の変化を紹介します。
ときどき用いてくる方がいるので、把握しておく必要があります。

囲碁117.jpeg
白1に黒2とハサムまでは昨日解説した形です。
ここで白3と大ケイマにカケる手を打つ方がいるので気をつけてください。
普通は互角に近いワカレとなりますが、今回はそうなりません。
続きを読む
posted by okao at 23:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 小林流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

小林流の基本(1)

今日から数回に分けて、小林流の基本を紹介していこうかと思います。
名前の由来は小林光一名誉三冠が当時、同じ布石形で勝っていたことから名づけられました。
不思議と確定地がつきやすい特徴があり、プロアマ問わず人気布石です。
初回は小林流の意図を紹介していきます。

囲碁110.jpeg
この形が小林流の構え方です。
不思議と下辺に確定地がつきやすい碁形に持っていけるので、
地が好きな方には非常にオススメできる戦術です。
続きを読む
posted by okao at 22:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 小林流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする