2017年04月17日

絶芸の強さは異次元

今日、絶芸が持時間1時間+秒読み60秒×3回の日本ルールで2局行いました。
碁の内容を見ている限り、人間界の打ち方ではなくなっていました。
例えば、人間では考えづらい大胆な捨て石で勝ち切ってしまう力強さに加えて、
違和感ある石運びだが、自然と模様が固まっていく打ち回しはもはや人間業ではありません。
まだ打たれて見れば「なるほど」と思える打ち方ですが、近い将来理解すらできなくなりそう。

もちろん、人間側も相当な打ち手で棋譜を見ても悪手を打っているようには見えません。
ただ、打ち進める度に人間が打った手の輝きは失せ、囲碁AIの石が活きる展開になるのです。
これを記事してまとめるのは少し時間がかかりそうだと感じ、今回はベタ記事となりました。
ぜひ、野狐囲碁で「FineArt」と検索して最新の棋譜を直に見てください。
posted by okao at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

最近の近況

今日は明日の出かける準備もあるので、進捗情報などをお知らせします。

動画作成
 「コンピューター囲碁概論ー囲碁AI革命」と題して作成中(現在、全体の15%程)
生放送移動計画
 今のところ、YouTubeのライブストリームを使用する予定。
 (他のサイトも参照中なので、まだまだ変更する可能性大)
囲碁勉強
 通勤中に詰碁を少しずつ解くようになったけど、あまり効果が出ていない模様。
 最近は本を読むのが趣味となり、中々囲碁の勉強に手が回ってない感じですね。

そんなこんなで、明日の収穫次第でいろいろ変更する可能性が高いですね。
土曜日にニコ生で予約枠取っていますが、ドタキャンするかも・・・。
posted by okao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

持時間の使い方

そろそろ、大会が始まる季節となってきました。
アマ棋戦は一日4局、持時間40分前後とハードな日程で行われることが多いです。
実力を発揮する上で体力や実力なども必要ですが、時間の使い方も重要だと考えています。

対局の勝敗を決する大きな要素は中盤戦でどれくらい頑張れるかに掛かっています。
たとえ、形勢が良くなっても時間に追われて崩れては勿体無い結果となります。
そうした勝負所で時間を残すためにも、序盤の打ち方をある程度決めるのが良いでしょう。
経験したことのある碁形にできれば、次に何をすべきか見えるので時間を節約できます。
また、慣れた布石なら戦うべき時期や守るべき箇所が自然に見えてくるので、
序盤早々、大きく崩れることも減ってきます。

大会で手応えを感じるけど、結果が残せないと感じる方は一度見直すと良いかもしれません。
自分は一昨年の成績は良くなかったが、時間の使い方を改善して成績が良くなりました。
長考派でも、力を入れるべき点を絞ることである程度早碁にも対応できると思います。
今回提案した点については、誰でもできる改善点ですのでぜひ試してみてください。
posted by okao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

第5回電聖戦(一力遼七段vsZen、絶芸)

本日、第5回電聖戦が行われました。
組み合わせと結果は以下にまとめました。(左側が勝者)
DeepZenGoー△一力遼七段、白中押し勝ち
△FineArt(絶芸)ー一力遼七段、黒中押し勝ち

※一戦目:持時間30分+秒読み30秒、二戦目:持時間60分+秒読み1分

一戦目のZenは柔軟な打ち方をするという印象でした。
局面に合わせて、紛れの少ない碁形にする手厚い収束力が非常に高いです。
ワールド碁チャンピオンシップでは無残な姿を晒す結果となりましたが、
どうやら、終盤まで細かい形勢を維持するのは大変なようです。

二戦目はTencentのFineArtで序盤早々見慣れない打ち方を見せます。(こちらの記事参照)
中盤では戦いの主導権を握り、一気に押し潰す力強さは圧巻でした。
ただし、攻め合いで不可解な折衝があり、まだ改善の余地がありそうです。

両者とも野狐囲碁で打っていた頃よりも一段階強くなっているように見えます。
今日行われた対局もハッキリした隙がないように見えて恐ろしさを感じましたね。
特別な手を使っていないのに差がつくのは、根本的な実力差があるということでしょうか。
または、囲碁AIは人間に見えてない重要な要素を習得しているのかもしれません。
posted by okao at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

ワールド碁チャンピオンシップ最終日

本日がワールド碁チャンピオンシップの最終日となりました。
最終日の組み合わせと結果を以下にまとめました。(左側が勝者)
朴廷桓九段ー△芈昱廷九段、白中押し勝ち
△DeepZenGoー井山裕太九段、黒中押し勝ち


朴廷桓九段が久しぶりに世界戦優勝を決めました。
表彰式では「3局とも苦しかったが、Zenとの対局が特に厳しかった」とコメントしています。
Zenはトップ棋士と互角以上に戦える実力があるので、ヨセの改善が今後の課題となりそうだ。
一方「囲碁AIが参戦するのは有意義だと思いますが、強くなり続けているので怖さも感じます」
と言っており、多くの方が懸念している問題にも触れていました。

Zenは1勝2敗、井山裕太九段も3連敗と日本側からすると残念な結果となりましたが、
世界で初めて囲碁AIが参戦した棋戦を行った意義は非常に大きかったと思います。
これを見本に他の棋戦でも囲碁AIが参加する機会が増えてくることが予想されます。
(世界戦の一つ、夢百合杯ではワイルドカードとして囲碁AIが出場することが濃厚)
posted by okao at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

ワールド碁チャンピオンシップ二日目

本日、ワールド碁チャンピオンシップの二日目が行われました。
二日目の組み合わせと結果を以下にまとめました。(左側が勝者)
芈昱廷九段ー△井山裕太九段、白2目半勝ち
△朴廷桓九段ーDeepZenGo、黒中押し勝ち

昨日の続き、Zenは中盤の終わりまで優勢を築くことに成功します。
しかし、優勢になると緩む囲碁AIの悪い癖が出て、逆転負けを喫します。
序盤から中盤の打ち回しは素晴らしいの一言で、勝てれば名局だっただけに残念でした。
囲碁AIが苦手とする終盤を改善するのは一朝一夕で直るものでないことがわかりました。
※昨日はコミ6目半設定だったそうですが、7目半の設定で勝率を計算していたそうです。
 今日は5目半にして調整するも、終盤の甘さは改善できなかった模様。

終盤はZenでなければ勝てたと言っても過言でなかったため、自分もガッカリしました。
いろんな意味で脱力してしまいましたが、明日の対局も注目していきたいと思います。
posted by okao at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

ワールド碁チャンピオンシップ初日

本日、ワールド碁チャンピオンシップが開催されました。
初日の組み合わせと結果を以下にまとめました。(左側が勝者)
△朴廷桓九段ー井山裕太九段、黒中押し勝ち
△芈昱廷九段ーDeepZenGo、黒中押し勝ち


Zenは中盤まで優勢だったものの、終盤のヨセで5目程度緩んで逆転負けを喫します。
終局直前では黒半目勝ちが確定したため、無駄な手や損を重ねる手を打つ結果となり、
初めて囲碁AIの碁を見る方は、無残な姿を見て失望するのも仕方ないと思います。
しかし、Zenに互先で勝つのは棋士でも容易ではないので、弱い訳ではありません。
こちらの記事を参照ください)

そうは言っても、結果が出せていないのも事実です。
明日行われる朴廷桓九段戦でZenが勝利し、囲碁AIの強さを示してほしいですね。
posted by okao at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

風邪のため休養

今日、熱が出たので休養します。
明日良くなればいつも通り記事を書いていきます。
posted by okao at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

Master化が進む囲碁界

年始末以降、Masterに似た打ち方をする棋士が増えたような気がします。
日本では棋聖戦で井山棋聖、河野臨九段ともに取り入れているように見えました。
また、中国では周睿羊九段が物凄くMaster化しているように思えます。
(詳しくは、中国天元戦の準決勝、決勝をご覧ください。)

60戦したことにより棋士から見ても信頼度が高いということでしょうか。
さすがにそっくり真似て打って火傷した方も多いので、真似する棋士は減ってきましたが、
Masterの発想を模した打ち方は未だに試みられています。
今年はどこまで碁が変わるのか、注目ですね。
posted by okao at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

新たな試みを模索中

最近、仕事が忙しくなったのもあり、無理なく続けられることを模索中です。

まずは「動画投稿」です。
10分程度の動画を作るのに、私は1~3カ月以上かかります。
題材が最初からある棋譜解説は楽なのですが、例のブログ騒動があったので改めて検討中です。
今考えているのは以下の案です。
・囲碁実況動画
・囲碁AIの仕組みの解説(図で表現)
・棋譜解説(海外棋戦、古碁など、国内棋戦以外のもの)
・面白い妙手、新手シリーズ
・講座シリーズ(従来通りの方式)

1カ月1本ペースを目指し、作成方法を考えている次第です。
続きを読む
posted by okao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

今後の予定

今後、記事にする予定のものを紹介します。
【9割方確定しているもの】
・アルファ碁の自己対戦(2局目、3局目)の解説
 ※3局目を細かくやる予定です。
・Godmovesと絶芸(中国のAI)の棋譜解説

【随時やる予定のもの】
・中国流、ミニ中国流の基本
・気になる手の解説(主に最新系、珍しい形など)

年内は忙しいので、年明けに以上のものを記事にしていく予定です。
今年も残りわずかですが、気を抜かずに過ごしていきましょう。
posted by okao at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

カメラ購入しました!

仕事でカメラを使うことがあるので、自己学習用にカメラを購入してみました!
初めての購入だったので不安でしたが、スマホで取るよりもかなり綺麗に取れて吃驚しました。
良いものが取れたらブログや動画に活かしていきたいと思います。
posted by okao at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

ZENの対局を見て

KGSでZENの対局を見ていると碁の打ち方は様々あると考えさせられました。
人間界では良くないとされる変化を選択することもあり、いろいろ考え直す必要があると感じますね。
少しでもコンピューターの強さも吸収して、自分の力に還元させていきたいものです。

「追記」
小林流阻止の対策は前回で終わりにし、今度はミニ中国流の基礎を紹介しようかなと思ってます。
厄介な戦術ですが、打つ方も打たれる方もある程度特徴を掴んでいないと使いこなせません。
少しでも参考になるような記事を目指していくので、よろしくお願いします。
posted by okao at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

明日から大会

今週の土日に大会がありますので、農辛杯の解説は日曜日以降となります。
また、この場を借りて今後の予定もいくつか書いておきます。

・最近流行のサバキ方
・小林流の打ち方(応用編)
・棋戦全般の軽い解説
・コンピューター囲碁の特徴
・アルファ碁棋譜検討


いちを直近で記事にしようかなと思ってるのはこの5つです。
では明日から頑張ってまいります。
posted by okao at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

私の勉強法

普段、私がやっている勉強と言えば棋譜を見たり、ネット中継される対局観戦するくらいですね。
詰碁についても気が向いたらやる程度ですし、難しい問題を解くことはほぼありません。
碁を打つ体力も落ちてきており、集中して打つと1、2局が限界ですね。

これだけ見ると怠けているようにも見えますが、大切なのは毎日碁について何かすることだと思います。
どんなに小さいことでも良いので、一日1回何かしらで碁に関するものを行うだけでも変わります。
例えば、「優しい詰碁を一日五題解く」のも非常に良い勉強法です。
これが習慣となれば、手を読むことに段々慣れてくるので、読み落としも減ってくるはずです。
読みの力は油断しているとあっと言う間に落ちてしまうので、難しい問題を解くよりも、
簡単な問題でも毎日少しずつ続ける方が読みの力を維持する意味では良い効果を生みます。

正直なところ、私より熱心に勉強している方はたくさんいると思います。
ただ、私にはそれを続ける根気も体力もなかったので、毎日一つ囲碁のことを考えるようにしています。
今日であれば、電王戦第3局どうなるのかなーと考えているくらいです。

棋力が伸び悩んだり、不調に陥るとすぐに棋力を上げたい心理になりますが、焦る必要はありません。
毎日少しずつ努力している限り、前進し続けているのですから。
posted by okao at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする