2017年07月16日

ミニ中国流の打ち方(4)

定石や布石の評価は主観的な面が含まれるため、何が正しいのか判断が難しいです。
例えば、模様派か実利派で局面の優劣が真逆になることも不思議ではありません。
最善手を求めるより、自分がどういう碁を打ちたいか、方針を定める方が重要かもしれません。

囲碁2318.jpeg
【黒の積極策:直接働きかける手法】
白1のワリ打ちに黒2と肩ツイていくのも一策です。
相手に態度を見て、下辺の模様化や右上の黒陣を固められる特徴があります。
複雑な変化も多々ありますが、代表的な変化を中心に解説していきます。

囲碁2319.jpeg
白3、5と地に辛く応じるのが一般的な打ち方です。
黒6は下辺の模様化と黒Aのハネから右上に黒陣を築く狙いを見ています。
一見すると、黒の意図した展開になっているように見えるが・・・。

囲碁2320.jpeg
白7、9と冷静に受けても一局になります。
黒10、12で下辺の黒陣が広げられても、白13から15と大場に走って白十分な展開。

囲碁2322.jpeg
黒16と下辺を大きく広げるのに対し、白17から19と白陣を守るのが冷静。
黒20とさらに模様を拡大してきた瞬間、白21などと消すのが良いタイミング。
続いて、黒Aと囲うのは白Bと模様を削る手が残っており、黒得策ではないです。

囲碁2323.jpeg
黒22と反撃してきた場合、白23とシノギの調子を求めるのが一策です。
石の調子を与えないために黒24と受けるなら、白25で弾力ある形を築けます。
黒Aと封鎖されても白Bのオシで眼形の厚い格好となります。

囲碁2324.jpeg
【消極的な拡大:厚みが活きない】
黒1と手堅く打ち、下辺を黒地化するのを目指すのも考えられます。
ただし、白2から10と右下の黒陣を値切られた後、白12と消されてしまいます。
右辺の厚みを効果的に活かせない局面となっては黒不満でしょう。
続いて、黒Aに白BやCと構えて白の発展性ある展開となります。

囲碁2325.jpeg
【白の別案:下辺の模様化を嫌う】
黒5に白6のノビで応じるのも一策です。
前図のような模様を築かれにくい特徴があります。

囲碁2326.jpeg
黒7のハネが好手。
白8と右辺を補強する必要があるが、黒9から13で下辺と右上を固めて黒十分。
白Aの味が残っているため、一方的に黒が良い訳でないが白の得たものは少ない。
どうしても模様を築かれたくない限り、前図までの進行をオススメします。

囲碁2327.jpeg
【白の失敗図:反動が強すぎる戦い】
黒2、4に白5と力強く反撃したくなるかもしれません。
しかし、黒の要石を取れない戦いとなるため、白やり過ぎです。

囲碁2328.jpeg
黒6、8が鋭い返し技です。
白9には黒10と冷静に手を戻して黒有利な戦いです。
白は▲を取る手段がないため、弱い石を二つ抱えた状態で打ち進めることになります。

「編集後記」
普段から自炊をしており、最近になって料理できる幅を広げられるよう試行錯誤中。
安い食材でおいしい料理を作ろうと工夫するのが楽しく、少しハマっています。
posted by okao at 22:58| Comment(1) | TrackBack(0) | ミニ中国流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですよね。お金を節約するには自炊に限ります。
外食ほど高くつくものはないですね。
我が家の息子たちは、自販機で飲み物は買ったことがなく、お昼は弁当持ちと自慢しています。
Posted by kikuyan at 2017年07月17日 07:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック