2017年04月10日

囲碁の未来サミット「アルファ碁vs柯潔九段」

本日、中国棋院でアルファ碁と柯潔九段の対決が公式に報道された。
囲碁の未来サミットは中国の浙江省烏鎮で行われるようだ。
詳しい日程などを以下にまとめたので参照ください。

「アルファ碁vs柯潔九段の三番勝負」
【日程】5月23、25、27日
【賞金】150万ドル(手合料30万ドル)
【持時間】3時間+秒読み1分5回

「アルファ碁vsトップ棋士5名の相談碁」
【日程】5月26日
【出場棋士】陳耀燁九段、時越九段、羋昱廷九段、唐韋星九段、周睿羊九段
【持時間】2時間半+秒読み1分3回

「アルファ碁とペア碁」
【日程】5月26日
【組合せ】古力九段&アルファ碁vs連笑九段&アルファ碁
【持時間】1時間+秒読み1分1回

今回のアルファ碁はバージョン2で人間の棋譜学習をしていないという。
以前から人間の棋譜から学ぶ限り、いずれ限界を向えると言われていました。
一方、ルールだけ覚えさせて強化すれば異次元の実力を有するのではとも考えられています。
誰も考えつかないような碁が見れると思うと、なんだかワクワクしてきますね。

※確定情報ではありませんが、これを最後にアルファ碁の対決は終了するそうです。
 また、オープンソースとして公開する噂もあり、どこまで本当かわかりません。
posted by okao at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピューター囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448900875
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック