2017年03月18日

第10回UEC杯初日

本日、第10回UEC杯が開幕しました。(本棋戦の詳細はこちら
初日は予選7回戦が行われ、上位16位のコンピューター囲碁が本戦トーナメントに駒を進める。
予選1位は絶芸(FineArt)、2位はDeepZenGoと優勝候補が上位を占める結果となりました。
野狐囲碁で中継された碁を見る限り、絶芸が群を抜いて強いという印象を受けました。
さて、今回は特に気になった変化を紹介していきます。

囲碁1603.jpeg
【実戦例1:新手法の踏み込み】
黒番はDeepZenGo、白番は絶芸です。
白1と黒2の交換するのは下辺の黒陣を固める悪手と言われてます。
しかし、白3から5と深く踏み込んだのが前例のない新手法で注目が集まりました。
自ら弱い石を作っているように見えるが、意外と粘りある形をしています。

囲碁1604.jpeg
黒6から10と白を裂きながら下辺の黒陣をまとめて黒好調に見えます。
本局は下辺の白をどうシノグかが焦点となりました。

囲碁1605.jpeg
白11から17とハネツギが地に辛い打ち方でした。
部分的な白生きはないが、Aを見た白Bが利くため見た目以上に白の眼形が厚いです。

囲碁1606.jpeg
下辺の白を直接攻めるのは得策でないため、黒22と右辺の白に働きかけます。
しかし、白23から27で下辺と右辺の白を守れたのが大きいので、白十分に見えます。
黒は白への攻めを期待できないため、下辺の黒陣を割られた損失が大きく、ツライ展開。

囲碁1607.jpeg
【実戦例2:近代的な手法】
黒番がJulie、白番が絶芸です。
黒1、3の小林流はプロアマ問わず、多くの方が愛用する戦術の一つ。
これに対し、白4と打ち込むのが最近打たれ始めた手法で、対応の仕方が難しい。
絶芸は最新の棋譜を学習しているのか、近代的な打ち方をする傾向があります。

囲碁1608.jpeg
黒5に白6のワリ込みはシチョウが良い場合に用いられる手。
白12まで、地に甘い変化で黒良くないが、黒の狙いは上辺の白を押さえ込むことにあります。

囲碁1609.jpeg
黒13から19と押し切るのが手厚い構想です。
黒の厚みは相当で互角に近い形勢に見えましたが・・・。

囲碁1610.jpeg
白20の切りが好手でした。
黒21から29と右上隅を生きても、白30に先着されて黒の厚みが活かしにくいです。
「なるほど、こう咎めれば良いのか」と感心する打ち回しでした。

「編集後記」
中継された絶芸の碁を見直しましたが、細かい読みのミスがほとんどありませんね。
明日の本戦トーナメントでも恐らく圧倒的な力の差を示して優勝するでしょう。
posted by okao at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | コンピューター囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すぐに打ち込む手が打たれる以前は、小目に対しての何らかのカカリに打つのが常識でした。
最近まで流行っていたのが二間高ガカリですが
小目に係る交換が後に打ち込む時にマイナスという事で最近はすぐに打ち込むようです。
ちなみに、上辺を大事にしてF-17を捨てて、K-17に抑える変化に出ると先手をとってQ-16につける調子です。
Posted by FineArt at 2017年03月19日 01:01
打ち込みの利点は相手の手を見てから局面を動かせることにありますね。
堅く守ると簡単に厚くされますし、封鎖すると足早に展開されます。
手抜きをしたらどうなるか・・・という問題はありますが、
面白い手法の一つであることには変わりないですね。
Posted by okao at 2017年03月19日 09:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック