2017年03月11日

第16期中国西南王戦準々決勝

本日、第16期中国西南王戦準々決勝が行われました。
組み合わせは以下のようになり、左側が勝者です。
柯潔九段ー時越九段、白中押し勝ち
常昊九段ー彭筌七段、白1目半勝ち
檀嘯七段ー李翔宇三段、黒中押し勝ち
楊鼎新五段―芈昱廷九段、黒中押し勝ち


4局とも囲碁AIの手法を取り入れられており、碁の考え方が少しずつ変化しているようです。
今後、碁の打ち方がどのように進化していくか、楽しみですね。
さて、対局を振り返っていきます。

囲碁1544.jpeg
【時越九段(黒)vs柯潔九段】
白1はMasterが用いた新手法です。(こちらの記事も参照ください)
黒2と右辺を割られても、白3とかわして白打てると判断しているようです。
右上の白は心許ないように見えますが、AやBがあるため厳しく攻めるのが難しいです。

囲碁1545.jpeg
黒4、6と追及されても、白9から11でAとBを見合いにして白シノギ形です。
右辺の構えは隙だらけに見えたが、咎めようとするのは攻めをかわされて得策でないようです。
このヒラキが成立するなら、序盤の打ち方が大きく変わってくるでしょう。
結果、白中押し勝ち。

囲碁1546.jpeg
【彭筌七段(黒)vs常昊九段】
黒1に白2と応じるのは当然の態度です。
以前は黒3、5に白Aとハネるのが常識でしたが、最近は白6の受けも有力視されています。
現局面は左辺の構えが低位置なので、黒に厚い形を許しても白打てるように見えます。

囲碁1547.jpeg
黒7、9と左辺への侵入を不正でも、白12に回られると黒の厚みを活かしづらくなっています。
大ナダレ定石から生じる難解な読み合いで勝負するよりも、簡明に局面をリードできます。
難しい技術を使わなくても、優勢を築く術があるということですね。
結果、白1目半勝ち。

囲碁1548.jpeg
【檀嘯七段(黒)ー李翔宇三段】
右下は小ナダレ定石から生じた形です。
黒1と白2を交換してから、黒3と地に辛く受けるのが現代的な打ち方です。
一昔前は黒3でAとアテてましたが、白Bと切られると黒甘そうです。

囲碁1549.jpeg
白4の切りは当然の一手。
黒5を利かしてから単に黒7と受けるのは珍しいです。
普通は黒7で10のノビを利かしたいので意外に感じましたが、後の進行を見て納得できました。

囲碁1550.jpeg
黒11、13と下辺の封鎖を防ぎ、白14に黒15とマガるのが手厚い好手でした。
後に黒Aを見てB周辺がシチョウアタリになるため、見た目以上に黒厚い碁形となっています。
結果、黒中押し勝ち。

囲碁1551.jpeg
【楊鼎新五段(黒)―芈昱廷九段】
序盤早々、白1と黒2の交換をするのは珍しい手法。
隅を固めるのは勿体無く見えますが、白3と大きく構えられる利点も大きく善悪不明。
黒4にも白5、7と上辺を厚くして、上辺の白模様拡大に命運を委ねています。
白の打ち方は一本調子なので、崩れ出すと一気に負けになる怖い打ち方です。

囲碁1552.jpeg
黒8から12と左辺の黒を補強しつつ、左下の白に働きかけるのが無難な選択です。
白13、15と模様を広げても、黒18と白に迫れば下辺の黒陣が自然と固まり、黒悪くない展開。
黒に弱い石がないため、白模様は大きくまとまりづらいのが白の泣き所です。
結果、黒中押し勝ち。

「編集後記」
中国では連日対局があるのは不思議ではない世界なので中国の棋士は相当タフなんでしょう。
日本は体調管理などの観点から、2日以上空けるような形になっていますが、
世界戦では連戦になることが多いので、技術以前に体力面の強化も必要かもしれません。
posted by okao at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック