2017年03月04日

棋力向上の詰碁32

囲碁1489.jpeg
【黒先白死:上級~有段者】
左方に連絡する利きがあるため、右下隅の黒は見た目以上に粘りの利く形です。
どうしても行き詰った時は、一度冷静になって考え直すとうまい攻めが閃くかもしれません。

囲碁1490.jpeg
【正解図:意外な急所】
黒1のグズミが白の抵抗を封じる好手です。
白は生きるスペースがあるように見えますが、ダメヅマリにより白に脈はありません。

囲碁1491.jpeg
白2と懐を広げても、黒3を利かしてから黒5の急所を突くのが好手順。
続いて、白Aは黒Bで白死なので・・・。

囲碁1492.jpeg
白6には黒7と中から攻めて、黒成功です。
白Aから黒を取りにいくことができず、白死です。

囲碁1493.jpeg
【失敗図1:利きが活きる】
黒1で白のスペースが足りないように見えますが、白2から4で黒失敗です。
白AやBが利くため、黒は適当な攻めがありません。

囲碁1494.jpeg
黒5には白6を利かし、白8とコウに弾かれてしまいます。
一線の利きがあり、直接攻めても無条件で取れません。

囲碁1495.jpeg
【失敗図2:大同小異】
黒1と直接攻めても、白2で前図と結果は変わりません。
黒3、5とコウに持ち込むので精一杯です。

「編集後記」
今日は囲碁AIの絶芸の他に、ZENも野狐囲碁にきて打ってました。
ただ、ZENは部分的な死活が未だに課題としてあるのか、割とアッサリ負けてました。
3月21日に行われるワールド碁チャンピオンシップまでに改善できるか不安です。
(例によって、ZENを簡単に潰せるバグは未だに残っているようで早急な対応が必要そう)
posted by okao at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 詰碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック