2016年11月23日

私の勉強法

普段、私がやっている勉強と言えば棋譜を見たり、ネット中継される対局観戦するくらいですね。
詰碁についても気が向いたらやる程度ですし、難しい問題を解くことはほぼありません。
碁を打つ体力も落ちてきており、集中して打つと1、2局が限界ですね。

これだけ見ると怠けているようにも見えますが、大切なのは毎日碁について何かすることだと思います。
どんなに小さいことでも良いので、一日1回何かしらで碁に関するものを行うだけでも変わります。
例えば、「優しい詰碁を一日五題解く」のも非常に良い勉強法です。
これが習慣となれば、手を読むことに段々慣れてくるので、読み落としも減ってくるはずです。
読みの力は油断しているとあっと言う間に落ちてしまうので、難しい問題を解くよりも、
簡単な問題でも毎日少しずつ続ける方が読みの力を維持する意味では良い効果を生みます。

正直なところ、私より熱心に勉強している方はたくさんいると思います。
ただ、私にはそれを続ける根気も体力もなかったので、毎日一つ囲碁のことを考えるようにしています。
今日であれば、電王戦第3局どうなるのかなーと考えているくらいです。

棋力が伸び悩んだり、不調に陥るとすぐに棋力を上げたい心理になりますが、焦る必要はありません。
毎日少しずつ努力している限り、前進し続けているのですから。
posted by okao at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444234995
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック