2017年05月11日

第1回新奥杯世界囲碁オープン戦、準決勝三番勝負第二局

第1回新奥杯世界囲碁オープン戦の準決勝第二局が行われました。
組み合わせは以下のようになりました。(左側が勝者)
柯潔九段ー李喆六段、白中押し勝ち
彭立尭五段ー周睿羊九段、黒中押し勝ち


柯潔九段が2連勝し、一足早く決勝に駒を進めました。
本日の二戦を観戦する限り、碁の打ち方が革命的に進化していると感じますね。
囲碁AIにより、碁の進化が10年以上進んだと言っても過言ではないでしょう。
さて、対局を振り返っていきます。

囲碁1888.jpeg
【李喆六段(黒)vs柯潔九段】
白2と三々に構えるのは非常に珍しいです。
最近の柯潔九段は三々を駆使した序盤戦術が多く、有力と見ているようです。
白6にAと受けるなら無難ですが、黒7と大場に走って白の両カカリを誘います。
双方、新しい試みに挑戦する姿勢が見えます。
続きを読む
posted by okao at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする