2017年05月07日

第1回新奥杯世界囲碁オープン戦、準々決勝

第1回新奥杯世界囲碁オープン戦の準々決勝が行われました。
組み合わせは以下のようになりました。(左側が勝者)
柯潔九段ー連笑八段、白中押し勝ち
李喆六段ー檀嘯七段、黒中押し勝ち
彭立尭五段ー時越九段、黒半目勝ち
周睿羊九段ー申眞諝八段、黒中押し勝ち


囲碁AIが登場してから、人間界の碁が以前よりも柔軟になってきました。
大きな石でも全局的なリードのためなら、躊躇いなく捨てる様はまさに囲碁AI的な発想です。
数年前とは全く異なる碁に変容しており、進化のスピードの速さを改めて感じました。
さて、対局を振り返っていきます。

囲碁1867.jpeg
【連笑八段(黒)vs柯潔九段】
白1の打ち込みは相手の態度を見て、右辺と下辺のシノギ方を変える意図です。
一見、黒2から4と手厚く応じられて白収拾のつかない格好に見えますが、
柯潔九段の緩急激しい打ち回しで綺麗にまとめていきます。
続きを読む
posted by okao at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする