2017年05月02日

囲碁AI流、ミニ中国流崩し

最近はプロアマ問わず、囲碁AIの戦術を採用する傾向となっています。
実際、今まで考えづらかった手法や定石が見直され、碁の打ち方が大きく進化しています。
今日紹介するミニ中国流対策も悪いと言われていただけに、新鮮な石運びでした。

囲碁1836.jpeg
【実戦図:踏み込みの攻防】
黒番が洪性志九段、白番は絶芸です。
白2、4は黒Aの薄みが残るため、白は守りになっておらず黒良しと言われていました。
しかし、黒5に白6と踏み込まれて掴み所のない石となり、黒の攻めが難しくなっています。
ミニ中国流への対策として、十分期待できる戦術の一つだと思います。
続きを読む
posted by okao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 布石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする