2017年04月21日

第7回中国姜堰黄竜士精鍛科技杯、第3・4戦目

本日、第7回中国姜堰黄竜士精鍛科技杯の二日目が行われました。
対戦結果を以下にまとめました。(左側が勝者)
金侖映四段(韓国)ー牛栄子初段(日本)、白中押し勝ち
陸敏全三段(中国)ー金侖映四段(韓国)、白1目半勝ち


4回戦が終わりましたが、未だに連勝者は出ておらず一歩も譲らない戦況となっています。
こういった団体戦では、勢いに乗った棋士が勝ち星を稼ぐ傾向なので珍しいですね。
明日は日本の王景怡二段が出場し、中国の陸敏全三段と対戦します。
さて、対局を振り返っていきます。

囲碁1776.jpeg
【牛栄子初段(黒)vs金侖映四段】
一見、黒1と中央を補強して白をバラバラにできたように見えます。
しかし、白2から4を利かし、白6と大きくカケるのが好手で黒窮します。
中央の黒を取られてはいけないので、抵抗していきますが・・・。
続きを読む
posted by okao at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする