2017年04月05日

第22回LG杯朝鮮日報棋王戦予選三日目

本日、第22回LG杯朝鮮日報棋王戦予選2回戦の残りが行われました。
2回戦を行った日本棋士の成績を以下のまとめました。(左側が勝者)
小池芳弘二段ー俞俐均初段(台湾)
鶴田和志四段ー金俊永六段(韓国)
李維三段(台湾)ー小松英樹九段
李元道五段(韓国)ー姜旼侯二段
姜昇旼五段(韓国)ー武宮陽光六段
陳梓健四段(中国)ー髙嶋湧吾二段
辜梓豪五段(中国)ー平田智也七段
鍾文靖五段(中国)ー広瀬優一初段


今日の成績は2勝6敗となり、2回戦全体では5勝15敗となりました。
枠抜けまでの三日間は休みなしの体力勝負となりますが、頑張ってほしいですね。
さて、対局の一部を紹介していきます。

囲碁1684.jpeg
【実戦図:巧みな終盤術】
黒番が許映皓九段、白番が李維清四段です。
黒1、3と様子見したのが絶妙で逆転の糸口となりました。
白6と中央の白を守られ、黒は大変そうに見えますが、決め手が用意されてました。
続きを読む
posted by okao at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする