2017年03月31日

夢百合杯にDeepZenGo参戦の可能性大

韓国のサイトで夢百合杯にDeepZenGoが参加する可能性が高いと報道された(こちらを参照)。
ワールド碁チャンピオンシップでは1勝2敗と負け越す残念な結果となったが、
世界トップ棋士に肉薄する実力を持ち合わせており、優勝候補の一角と言えそうだ。

当サイトによると、中国棋院は夢百合杯予選が行われる前、日本棋院に打診していたという。
中国の正式な発表はされていないが、Zenチームの方は参戦する用意はできているようです。
出場する場合はワイルドカード(シード枠)として本戦から出場する見込みだ。
対局も中国ルールで行われるので、囲碁AIの計算ミスはなくなると思われます。
(囲碁AIの大半は中国ルールの対局データを基に作成しているため)

囲碁AIが人間棋戦に参戦するのは賛否両論あるようだが、一度様子見するということだろう。
また、LG杯もワイルドカードが一つ空いているため、囲碁AIが入るかもしれません。
今年は囲碁AIが棋戦参戦する機会を多く見れる予感がします。
posted by okao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピューター囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする