2017年03月18日

第10回UEC杯初日

本日、第10回UEC杯が開幕しました。(本棋戦の詳細はこちら
初日は予選7回戦が行われ、上位16位のコンピューター囲碁が本戦トーナメントに駒を進める。
予選1位は絶芸(FineArt)、2位はDeepZenGoと優勝候補が上位を占める結果となりました。
野狐囲碁で中継された碁を見る限り、絶芸が群を抜いて強いという印象を受けました。
さて、今回は特に気になった変化を紹介していきます。

囲碁1603.jpeg
【実戦例1:新手法の踏み込み】
黒番はDeepZenGo、白番は絶芸です。
白1と黒2の交換するのは下辺の黒陣を固める悪手と言われてます。
しかし、白3から5と深く踏み込んだのが前例のない新手法で注目が集まりました。
自ら弱い石を作っているように見えるが、意外と粘りある形をしています。
続きを読む
posted by okao at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | コンピューター囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする