2017年03月16日

最強囲碁AI、Masterの棋譜解析(19)

3月18日に第10回UEC杯、3月21日にはワールド碁チャンピオンシップが始まります。
最近は囲碁AIの手法が流行する傾向なので、碁の打ち方がまた一つ生まれるかもしれません。
さて、対局を振り返っていきます。

囲碁1596.jpeg
【実戦図1:重くする手法】
黒番は元晟溱九段、白番はMasterです。
黒1に白2を利かしてから白4と守るのが機敏です。
上辺の黒は重いので黒Aなどと守る必要があり、白に手番を渡すことになりました。
囲碁AIは要所を占める技術が高いため、利かし一つにも気が抜けません。
続きを読む
posted by okao at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピューター囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする