2017年03月13日

第16期中国西南王戦決勝

先日、第16期中国西南王戦の決勝が行われました。
18歳の楊鼎新五段が檀嘯七段に勝利し、本棋戦で2連覇を果たしました。
楊鼎新五段は中盤で力を発揮し、次々に強豪を破っていくのが印象に残りました。
まだ18歳と若いので、今後の活躍に期待が膨らみますね。
持時間は一手30秒、1分の考慮時間10回の早碁です。
さて、対局を振り返っていきます。

囲碁1567.jpeg
【実戦図1:定型化された攻防】
黒番は楊鼎新五段、白番は檀嘯七段です。
黒1に白2と打ち込むのが最近の打ち方でよく打たれる形の一つ。
右下の白は高く構えているので、急な攻めがないことを利用した手法です。
数年前は白4、6で白良しと言われたが、その後の攻防が難解で結論は出ていません。
続きを読む
posted by okao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする