2017年03月12日

第16期中国西南王戦準決勝

本日、第16期中国西南王戦準決勝が行われました。
決勝戦の組み合わせは檀嘯七段vs楊鼎新五段となり、本日の午後に行われます。

「対局の模様」
柯潔九段vs檀嘯七段戦は、囲碁AIのZEN戦でよく現れた形を用いてました。
難しい攻め合いになる有名な形ですが、檀嘯七段は一つの結論を示したように思えました。
常昊九段vs楊鼎新五段戦は、序盤では常昊九段が優勢を築くことに成功します。
しかし、中盤で楊鼎新五段の鋭い打ち回しが光り、一気に押し切りました。
さて、対局を振り返っていきます。

囲碁1553.jpeg
【檀嘯七段(黒)vs柯潔九段】
最近、黒1に白2とスベることが増えています。(こちらも参照ください)
白6に黒Aとツグなら無難ですが、黒7と地を稼ぎながら受けることを選択します。
これは囲碁AIのZENが東洋囲碁にいた時によく打っていた戦術の一つです。
Aの傷を残す怖い打ち方に見えて、檀嘯七段は研究済みだったようです。
続きを読む
posted by okao at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋戦情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする