2017年03月08日

囲碁AIの状況まとめ

去年から飛躍的に囲碁AIの実力が伸びています。
ネット碁でも棋士相手に互角以上の戦績を出すなど、多くの囲碁ファンが注目しています。
最近、よく打っている姿を見る囲碁AIを以下にまとめました。

囲碁1531.jpeg
「絶芸(別名:FineArt)」
野狐囲碁というネット碁サイトで十段の称号を得たTencentの囲碁AIです。
30秒×3回以下の早碁では、世界のトップ棋士相手に勝率8割以上の化け物となっています。
しかし、60秒×3回の長い碁になると人間側のミスが減り、勝率は7割5分に落ち着く。
3月18日に行われる「第10回UEC杯」では優勝候補として挙げられている。
続きを読む
posted by okao at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピューター囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする